「愛くるしいペンギン狸」、
これが校長先生のイメージである。
私はこれでもかというくらい
言葉を客席に投げつけた。
四季にいた頃より、
きちんと喋っていたかも。