自分の役は結婚詐欺師、根拠はないのだが、合ってると思った・・・で、演ってみて、やっぱり合ってた。生まれてはじめてのソロ歌を貰う。
なかにし礼作詞、甲斐正人作曲「女をこますなら、マメにやれ・・・」ワルツで楽しくて、実にいい歌だった。一番上の音が今でこそ“たかだかG(ゲー)”、だがこの頃は“かなりのゲー”で、しょっちゅうひっくり返っていた。
だから拍手はまばらだった。本人だけが気持ちよく、後に浅利(慶太)さんによくいわれる「ふんいきで歌って」いた。